医療機関を活用した痩身が注目される理由と方法

肥満の認識を変える

医者と看護師

成功体験を身につける

生活習慣病には心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの病気があることで健康状態というのは日常生活からきているといわれています。ライフスタイルは家族は同じなことからも両親が糖尿病の場合には子供もなる可能性が高いことでも、普段の食生活が左右されているといっても過言ではありません。またこれらを防ぐには指標としてメタボリックシンドロームかどうかがあり、体重からわかるBMIや体脂肪率などで肥満と判断された場合には早急に解決することです。肥満からの解消にはダイエットが必要となり、ウォーキングに代表される有酸素運動の運動療法やカロリー計算など栄養をコントロールする食事療法があります。これらが個人的にやって上手くいく場合には問題がありませんが、実際にはダイエットが失敗してしまうことも少なくありません。そんなときに利用したいのが病院でダイエットをする方法になり、運動不足や食生活の乱れからくる肥満外来とも言われていることから利用する人が増えています。利用する人には様々な理由があるのですが、生活習慣病を抱えている人から、ある方法で痩せたがリバウンドで前よりも体重が増えてしまったという人にも肥満外来で訪れる人はいます。ダイエットは長続きさせることが必須条件なので意志が弱い人は、病院でしっかりと管理栄養士の元で栄養をコントロールしてもらうことや臨床心理士によるカウンセリングでうまくいくことができます。病院での専門家によるサポート体制が整っていることで、挫折しそうになってもフォローをしてもらえることが精神的にも楽です。

病院でやるダイエットの肥満外来では気をつけるポイントがいくつかあり、これからの生活改善を長続きさせるにはこれらを注意する必要があります。まずカウンセリングをしてもらうことで自分の今までの生活習慣などを把握するのですが、間違った認識を持って話をしてしまうことも少なくありません。例えば「ほとんど食べていないのに太ってしまう」とか「遺伝で太ってしまうから痩せるのが難しい」などを話す人は、まず認識から変えていくことが近道です。こういった人は間違いなく太ってしまう生活習慣を取っているにもかかわらず、元から自分は太りやすいとか食べなくてもこの体型だと考えている人がたくさんいます。病院は専門家が揃っていますのでダイエットにはあくまでもサポートが必要で、自分と向き合うことで痩せるための準備ができるようになります。反対に精神的に自分と向き合うことができなかったり否定してしまう人は、臨床心理士のカウンセリングの段階からプログラムも変更することもあります。その他にもダイエットを成功させるポイントには、とにかく長続きをさせることが大切な目的となっていてまずは2週間が目安となっています。管理栄養士からの栄養メニューが今までとは間違いなく違うものになりますので、心が折れないように2週間は続けてもらい成功体験を作っていくことができます。期間として1週間では短い目標になりますし、2週間だとやってみても食事なども頑張ることができる人が多いので、続けることで痩せるという感覚を身につけることです。

Copyright© 2019 医療機関を活用した痩身が注目される理由と方法 All Rights Reserved.